こちら、北国岩手の山の中。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。
開設者:AKI
by kamatsuta
プロフィールを見る
画像一覧
哀愁の一人旅
2005年 05月 10日 | |
空白の二日間の裏話。
ネットがつながらないのをいいことに、農家の嫁は少しばかり哀愁の一人旅にでてきました。


それは、TAAとのお~~~喧嘩からはじまったのであります。

b0015222_2034214.gif


そして、私は翌朝、哀愁の一人旅へ。

b0015222_20405548.gif
 この一人旅のことを、農家の嫁的には「勝手ながら、おヒマいただきます」といい、若者の間では「プチ家出」という。



b0015222_20462773.gif
 道すがら、MISIAの歌に一人涙し、


b0015222_20484563.gif

 外の景色にちょっとセンチメンタルになりながら





結局、行くところもないので、よく行くデパートへ。

b0015222_20492568.gif


b0015222_20502037.gif
 コーヒー屋さんの明るい声も、変な言葉遣いも、なんだか薄っぺらく、



b0015222_2051417.gif
 かなり久しぶりに、だらしなくダラダラとコーヒーをのんだ。


b0015222_20523368.gif

 TAAと一緒では決してできない、「本屋のはしご」に興じるも、いまいち。



b0015222_20534473.gif
 でも、久しぶりのコンビニ弁当は美味かった。




 が、結局家に帰ることにした。

b0015222_20592652.gif

帰り道では、朝ご飯をあげ忘れたちゃこの事、
混ぜ忘れたぬか床のことばかりが気になった。






・・・そして、家では ・・・


b0015222_2121546.gif

TAAが反省の面持ちで待っていた。


今回の喧嘩は、断固として、TAAが100パーセント悪かったわけであるが、
b0015222_2143494.gif

その日がちょうどTAAの誕生日だったこともあり、
結局のところ、私の意を決した「哀愁の一人旅」、または「おヒマ」もしくは「プチ家出」は
いまいち、詰めが甘いというか、
なんとも、本末転倒というか、
悪かったのはどっち??的な結末となったのでした。


ちゃんちゃん。
[PR]
<< 牛飼いの宿命 ページトップ 空白の二日間 >>
The Original Skin by Sun&Moon