こちら、北国岩手の山の中。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。
開設者:AKI
by kamatsuta
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ:未分類( 26 )
| |
|
2006年 08月 02日 | |

梅雨が明け、いきなり暑い釜津田です。



牛のシャンプーは、なぜなのか、どうしてなのか、さっぱりわからないけれどメリットなんです。
我が家でも近所でも誰も彼もメリットなんです。
手元に無いときにはわざわざ買いに走るんです、メリットのためだけに。
「メリットがいいんだよ、なんかね・・・」それ以上誰も語ってくれません。
気になるなぁ、メリット。
でもそんなそぶりは全く見せず、今日ももちろんメリット使用。ほら、牛通な感じです。



b0015222_1552787.gif


▼ 水も滴る美女なのです。





▼ ネムノキがやっと咲きました。




------------------------------
★ コメント&TBは、全ていったん保留されます(AKIが読んでから公開される仕組みです。少し時間がかかります)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。個別にお返事を書けない時もありますが、ご了承くださいませ。


[PR]
by kamatsuta | 2006-08-02 23:28 |
2006年 08月 01日 | |

長いこと、密かに憧れていたことがありました。
「うちは○○専業農家です」、の一言。
我が家では牛を飼っているかと思えばワサビも育てていたり、夏は山仕事をしていたり、家業がいろいろあっていつも説明に困るのです。
山間地、寒冷地の土地柄、広い耕地面積や安定した収穫を確保できないこともあり、いろいろやらないとなんともならないそんな事情。
だからなお憧れる「○○専業農家」です。

だけど、十人十色ならぬ十農十色。それぞれがそれぞれの土地でそれぞれのやり方で頑張っている。いいこともあり、悪いこともあり、得意なこともあり、苦手なこともある、そんなそれぞれの事情。
隣りの芝生が青く見えることだってあるけれど、やっぱり我が家の芝生にも丁寧に水をあげなくてはね。
ちょっとだけ真面目にそんなことを思ってみた、仲良しのお米専業農家さんとのひと時にて。



b0015222_1552799.gif


とはいえ、やっぱり一番のメインは女同士のおしゃべりで、すっかりリフレッシュな私です。
Yさん、ご家族の皆さん、ありがとうございました!!







★ コメント&TB大歓迎ですが、全ていったん保留されます(AKIが読んでから公開される仕組みです。全部読んでます~!)。記事に関連のないものは公開されないこともあります。また公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
コメント欄は私だけでなく皆さんのオープンスペースだと思っています。私も一コメント者として参加するつもりデス!個別にお返事を書けない時もありますが、ご了承くださいませ(ご質問にはお応えします~)。モキャ!




[PR]
by kamatsuta | 2006-08-01 23:38 |
2006年 08月 01日 | |


引っ越してきました。よろしくお願いします。



b0015222_1552686.gif


↑ 上の絵をクリックするとAKIからの引越しのご挨拶があります ↑




コメント&TB大歓迎ですが、全ていったん保留されます(反映されるまで時間がかかります)。
いただいたコメント&TBは基本的に全て読ませていただきますが、公開されないこともあります。
公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
また、お返事も書ける時と書けない時があります。



ご了承くださいませ。

旧住所は【農家の嫁の事件簿】 コチラ です。
2004年8月~2006年7月までの記事がいろいろ載っています。


[PR]
by kamatsuta | 2006-08-01 00:01 |
2006年 07月 31日 | |

唐突ですが、女性のおしゃれは指先から。
指先も爪もきれいが一番。
そしてそれは牛だって一緒らしい。
我が家の姫、ネイルな年頃、共進会にむけて爪のおしゃれも本日完了。
これからは牛もネイル・アートの時代かも。






b0015222_1552416.gif




▼ 爪切り25年の技。



▼ 足の裏削りは力仕事。




[PR]
by kamatsuta | 2006-07-31 21:49 |
2006年 07月 29日 | |

今日は梅のしそまきを作りました。
今年は実家の父からリクエストがきているので私も手伝いました。
雨だったので、皆で分担しててきぱきとできました。
義父母は梅に混ぜるざらめの目分量の正確さを競っていました。
沢山作ったけど、ばあちゃんが後からもってきてくれた瓶の分には少し足りませんでした。
TAAはあいかわらず摘み食いばかりしていました。
私は形状記憶シソに感心しました。
梅雨はまだ明けず今日も肌寒い一日ですが、やっぱり夏だナァと思いました。




b0015222_1552348.gif



▼ 我が家の梅の実。ホシ(赤い斑点)がついているのが玉に傷。

▼ こんな風にざらめと混ぜて、

▼ こんな風に漬け込みます。



★ 補足 ★
梅のシソ巻きの作り方(あくまで我が家流なので、参考程度に・・・)
① 梅の実を一晩塩漬けにする(梅に対して2パーセントの塩)
② 塩漬けにした梅の実をさっと洗って二つに割り、種をとる。
③ 種をとった梅にざらめをからめ、シソの葉で包む。
  *ざらめは適当です。お好みで。シソは赤シソを使います。
④ シソで包んだ梅を密閉容器につめる。ギュウギュウに。最後に重しをするとさらによい。
⑤ 密封して一週間ほどから食べ頃です。


[PR]
by kamatsuta | 2006-07-29 21:00 |
2006年 07月 28日 | |

来週開催の共進会(地区大会)に向けてにわかに活気付く釜津田です。
今年は我が家からも一頭。悪名高き、愛すべき姫が出場します。
そんな訳で今日は姫が山の牧草地から一時帰宅。



共進会は牛の美人コンテスト。
顔立ちだけでなく、スタイルも大事。そのためには共進会に向けて丁寧に餌の管理をして磨きをかけなくてはいけません。
この二三年、共進会で連勝中の近所のTさんが教えてくれた。「青草は駄目なんだ、乾草だけ沢山あげろ」。
今の時期、青草は見るからに美味しそうで、牛だって多分好き。
だけど駄目なんだって、青草は。
どうしてか聞いてみたらシカタネェナァ、ワカッチャネェナァという顔ですらすらと理由を教えてくれた。
聞くは一時の恥的聞くだけでせいいっぱい状態だったので、あまりの早口の答えを聞き取りそびれてしまった。
でもいいか、どうやらちゃんと理由はあるらしい。
理由より、理由があることがわかるだけでひとつ賢くなった気分。
青草は駄目ですよ、後でTAAにも教えてあげようと思います。







b0015222_1552235.gif







▼ 姫参上。


[PR]
by kamatsuta | 2006-07-28 22:09 |
2006年 07月 27日 | |

久しぶりの草取りにて、新種の時計を発見する。
・ 「日かげ好き」を全面に採用した画期的な仕組み。
・ もちろん電池一切不要の超エコ型。
・ あくまで「あー気づいたら時間がたってるわ」程度の目的がおススメ。
・ 難点は、物音、人影、トラブル時には動きが狂いがちなこと。



カエル時計。草取り時に使う時計としては、十分です。





b0015222_1552175.gif





▼ カエル時計。








[PR]
by kamatsuta | 2006-07-27 21:27 |
2006年 07月 26日 | |

ササギも旬の釜津田です。
ササギは昔ながらの作物のひとつで、どこの家へいっても畑を歩けばササギにあたる程。
わがやでも春に植えたササギがいよいよ食べ頃。
当然のごとく、毎日毎日がササギDAY。



その結果、日増しに「ササギ」という単語は省略化の一途へ。
煮付け、醤油和え、マヨネーズ和え・・・といえば、言わずもがな、聞かずもがなでササギのこと。
「ササギ」省略化の意味するところ、それは、何を食べるか、ではなく、どう食べるか、のみが大事なササギな食卓。




b0015222_1551965.gif



▼ ササギの花。

b0015222_1552087.jpg


[PR]
by kamatsuta | 2006-07-26 10:07 |
2006年 07月 25日 | |

このところ、毎日ヤマセでどんよりひんやりの釜津田です。
そんな薄灰色の空の下では見慣れた色がより鮮やかに目に入る。
今日目に付いたのが梅の実と赤い花。ふと気づくとポケットには20円。
20円をちゃらりちゃらりと鳴らしながら、梅の実まん丸、赤い花、梅の実まん丸、赤い花・・・。
そう唱えならが、つくづく、頭の中の想像が他人に見えないことをありがたく思う。

カルメンAKI。たしかに、ちょっと行きすぎでした。
でも全てはヤマセのせい。
ヤマセには人の思考を惑わせる五里霧中的イマジネーション効果がきっとある。

b0015222_1551829.gif



▼ 梅の実は、梅漬け作りまであとひといき。

▼ 情熱の赤い花。


[PR]
by kamatsuta | 2006-07-25 09:04 |
2006年 07月 23日 | |

何の脈絡も根拠もないですが、
お店屋さん用語は独自の進化をとげている。

「よろしかったですか?」、お尋ねしたいのはこちらですよ。



b0015222_1551628.gif






[PR]
by kamatsuta | 2006-07-23 23:59 |
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon