こちら、北国岩手の山の中。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。
開設者:AKI
by kamatsuta
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ: ・ 牛飼いのこと( 62 )
| |
|
2005年 06月 05日 | |
ほんの二週間ほど前、放牧地へと去っていったわが家の牛たち。
ところが、実は一頭だけ、出産をひかえた牛が牛舎に残っておりました。
その牛が、昨夜やっと(!)出産を向かえ、しかも生まれたのはかわいい双子の男の仔牛。
わが家で双子の仔牛が生まれたのは、5年ぶり。
実に私が嫁に来て以来はじめての快挙でありました。
が、しかし・・・
その歓喜の陰には、深夜の牛舎で繰り広げられた、ひとつの命をめぐるドラマがあったのです・・・。
b0015222_22262884.gif

b0015222_2227613.gif

母牛は、心配そうに弱った仔牛を舐めつづけ、
しかし、仔牛は生気を帯びたかと思えばぐったりとし、を繰り返し、
TAAはその後も何度か牛舎に様子を見に行った。
私は虫の息の仔牛を前に無力感を感じつつ、正直、朝までこの命があるかどうか。
そして、いつしか朝に・・・。

そして、運命の朝。
[PR]
2005年 05月 20日 | |
いつのまにか、気がつけば今年もこの日がやってきた!
牛たちは毎年冬の間は牛舎で世話をするが、春から秋、山に豊富な緑がある間は山の放牧地に放牧する。
そして今日は、牛の山上げ(放牧日)だ。
放牧地にいる間は、「牛まぶり(牛の看守)」さんが牛を見守っていてくれる。
牛のことは、今日から牛まぶりさんへバトンタッチ(決して無責任というわけではないのです・・・)。
明日からは、農作業(牛用の飼料栽培や牧草刈りを含む)中心の夏仕様生活へ突入だ。
b0015222_222948100.gif

b0015222_2230818.gif


そして、ひとまず安心の飼い主たちは・・・・。

b0015222_22302691.gif

いいんです。
今日だけは、牛も人も開放感に素直に浸るべし。


▼ 放牧地の牛たち。いつも親子一緒。

[PR]
2005年 05月 11日 | |
度々登場するとおり、わが家では牛を飼っている。
わが家は仔牛を産ませて育てる繁殖農家で、仔牛たちは秋になると成牛を育てる肥育農家へ買われていく。
肥育農家では、その仔牛を2~3年かけて成牛に育て、その後、肉牛として出荷するしくみ。

肥育農家からの出荷はだいたい毎月1回。
地元の牛運搬担当者が畜産センターというところへ連れていく。
その出荷に「嫁の社会科見学です!!」などと、ひょいひょいとついていった私。
出荷の現場を見るのは初めてだったので、あまり深く考えていなかった。
牛たちは運搬車からおろされるとすぐセンターの中につながれ、その日のうちに「処理(いわゆると殺)」されるらしい。

センターの中はどこもかしこも白くてきれいで、とてもたくさんの家畜が運ばれてくるとは思えないほど清潔だ。
係の人もみんな白い作業着で、どこか病院を思わせる。

牛飼いにとっても牛にとっても、出荷はなくてはならない宿命。
そんな宿命を目の当たりにし、「家に帰ったら牛たちをもっとかわいがってあげよう」とぼんやり思った一日だった。
b0015222_15155698.gif


▼ 帰りには種を繋ぐ種牛を連れてかえりました。(畜産試験場にて)



■ 人気ブログランキングもどうぞ。
[PR]
2005年 04月 15日 | |
相撲界で一世を風靡した小錦関(現:KONISHIKI)は、誰もが知るとおり、強くたくましく、そしていろんな意味で超BIG。
関係ないけど、私は相撲がそこそこ好きだ。

ところで、わが家にこの春生まれた仔牛たちにも最近やっと名前がついた。
そして、先週生まれた一番ちびの仔牛の名前は小錦である。
が、うちの小錦は、風邪はひくは、気弱だは、転びまわるやらで、ひたすら頼りない(生後間もないので仕方ないのだけど)。
名は体をあらわすといいますが、
今のところうちの小錦は、小錦 = KONISHIKI ではなく、あくまでも「小」さい「錦」ちゃんだ。

b0015222_22355785.gif


▼ 梅じゃないけど、この春はじめて花見っけ!



[PR]
2005年 04月 04日 | |
わが家には親牛が9頭いる。
それぞれ、かなりの個性派ぞろい
・・・だけど、実は私にはいまいち見分けがつかず、名前と顔がいまいち一致していない。
それぞれの牛には、個体識別番号を記入した「耳票」が耳につけてあるので、番号をみれば識別はできるのだけど、やはり、番号ではなく名前で牛と接してこそ嫁の鏡というものだ。

そんな私は、今日、突如、牛たちに名札をつけることを思い立った。
急に思いついたので、手近にあった紙の荷札に一頭一頭の名前を書き、牛舎のそれぞれの牛の前にぶらさげることにした。
「これはグッド・アイデアだね」と、無理やりTAAの感心を誘いながら、得意満面な私。
が、ふと振りかえると、今つけたばかりの名札を、牛たちが美味しそうに舐めたりかじったり・・・。

紙が好きなのはヤギだけだと思ってました。
でも、実は、牛も紙が好きみたい。
今度、郵便屋さんにも教えてあげることにします ~ 牛がいます 手紙に注意 ~ 。

b0015222_2025979.gif


▼ 最近は意味もなく空を見上げてばかり。本格的な春が恋しいのです。


■ 人気ブログランキングもどうぞ!!
[PR]
2005年 03月 18日 | |
予想どおり、本日三頭めの仔牛が産まれました。

牛の出産はよほどの難産でない限り、それぞれの家で面倒をみます。
毎年、毎年、それぞれの牛によっても、出産の状況が違うし、「命」を扱うかぎり、やはり、いろいろと神経を使います。
そんなとき頼りになるのは、なんといっても近所の畜産農家仲間。
今日も、義父の不在を知ってか知らずか、出産直前になってぞろぞろと助っ人がやってきてくれた。(助っ人をする気がなくても、状況的に助っ人扱い)。
私もいつか、助っ人になれるよう、がんばろうと思う。


b0015222_22112670.gif


b0015222_221151100.gif



☆ インフルエンザからは完全復活です!!ご心配かけました。
[PR]
2005年 03月 14日 | |
実家に行っている先週生まれた仔牛と初対面。
この時期の仔牛は、
それは、もう、たまらなく、かわいいったらないのです。

b0015222_2223376.gif


▼ 今の時期は動くものに興味深々です。



■ 人気ブログランキングもどうぞ。
[PR]
2005年 02月 28日 | |
世間では(米国では?)、アカデミー賞の発表があったみたい。
最近映画に行くこともなかなかないので、今時の映画はいまいちピンときませんが、なんとなくノミネートや受賞の俳優たちは気になる。
そして、意味はよくわからないけど「個性派」俳優が好き。

そんなことを気にしながら、わが家の牛たちの食べっぷりを眺めていたら、だんだんそれぞれの好き勝手な食べ方が「個性派」という文字と重なってきた。
わが家の牛は個性派ぞろい。アカデミー賞の俳優たちにも負けてないね。

b0015222_21591597.gif


▼ 昨日のアイスカービング、今夜はライトアップ。



■ 今日は初5位!!うれしいです。人気ブログランキングもどうぞ。
[PR]
2005年 02月 21日 | |
牛の餌にもいろいろあるけど、我が家ではデントコーンサイロ(牛用のとうもろこしを発酵させたもの)、ふすま、牧草の三つが基本。
牧草にもいろいろあって、牧草地で刈った牧草を天日干ししたもの(いい香り!)、青草のままラップ(ビニール)に密封したもの(いつまでも青臭い・・・)、乾草をラップに密封したもの(半生な感じ)等々。
いずれにしても、保管の関係上、牧草はコンパクトにぎゅっと圧縮状態でロール状になっている。
実は、このまとめた牧草をほぐすのがひと仕事。

でも、今日気づいてしまった。
牧草とロールケーキの意外な共通点。
どっちも美味しいってことではありませんけど。

b0015222_21545086.gif

▼ 日差しも徐々に春めいてきました。



■ いつも応援ありがとうございます!人気ブログランキングもどうぞ。
[PR]
2005年 02月 10日 | |
昨日から研修旅行に出かけていた地区の畜産農家の面々。
わが家では代表の義父が出席。

研修旅行や何かの集まりがあると、かならず帰り道のどこかの家に立ち寄るのがご一行様の慣わし(?)。
今回はご一行様の寄り道先はわが家。
こうした寄り道によって地域の連帯感が築かれていくらしい。
人口密度の高さに圧倒されている場合ではない。
b0015222_2119012.gif

↑わりと似た顔、似た名前、似た雰囲気の人が多いのも昔ながらの農家のオキマリ。

■ 久しぶりに雪降りの一日でしたが、今日は写真ナシ・・・

■ 人気ブログランキングもどうぞ。
[PR]
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon