「ほっ」と。キャンペーン
こちら、北国岩手の山の中。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。
開設者:AKI
by kamatsuta
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ: ・ 愛すべき隣人たち( 38 )
| |
|
2006年 05月 22日 | |
唐突ですが、街中では、飲みつかれた若者はスナックへ向かうと思って育った私です。
薄暗い明かりの下で、アンニュイなBGMの中、薄いウイスキーを片手に日々を吐き出し、憂うのです。ちょっと不健全な大人な夜の過し方。

ところで昨日は消防団の操法の大会。
消防団に後輩が入らないが故に永遠に「若者」代表として選手に選ばれるTAA。
朝から大会にでかけ、そのまま反省会。
大会結果が思わしくなかったため、反省会は尽きることなくエンドレス。
挙句のはてに同じ運命を共にする「若者」二名をひきつれて帰ってきた。

まだ飲み足りないのかと思ったら、なぜか登場したのはノンアルコールのコーラとファンタ。
ツマミには苺農家自慢の苺シャーベット。
こうこうと明かりがつく狭いわが部屋で
ザクザクザクとシャーベットを崩す音をBGMに、
これは美味いとか、うちでも作ってみようとか、シャーベットの砂糖の配分に苦労したとか。
スナックというよりはファミレスの高校生のようですね。

こうして、あまりにも健全に更けていく釜津田の「若者」たちの夜。
苺シャーベットの爽やかさと対照的に、またも非常に不気味な夜でした。

b0015222_215019.gif


★ 以前の健全な夜更けはこちら→健全な夜更け

★ 苺シャーベットはかなり美味でした。

▼ くるみが穂をたれ始めた釜津田です。


[PR]
2006年 04月 18日 | |
今日は牛の予防注射があって、獣医さんがやってきた。
丁度具合の悪い牛がいたので、ついでに診てもらう算段を昨夜から練っていた義父。
だけど獣医さんが来た時には義父も誰もいなくて私一人の時だった。
焦ったよ、私。
注射を終えていつもどおり颯爽と帰ろうとする獣医さんをつかまえて、
身振り手振りで「牛が、お義父さんが、昨日から、あーだこーだ・・・」。
でもわかってくれたよ、獣医さん。
プロってやつは、読心術も技のうちなんだな。

b0015222_2143564.gif


▼ 山のわさびも出始めました。



私信:Mさん、Oさん、今日はありがとうございました!
[PR]
2006年 03月 29日 | |
雪まじりの春の嵐が吹き荒れる今日の釜津田です。

ところで、今日来てくださったお客様。
以前来たときには突然吹雪を起こし、今日はこの春の嵐を連れてきた。
2回の訪釜中、2回とも嵐という100パーセントの嵐率。
ゆえに、絶対、嵐を呼ぶ男なんだと、私は確信いたしました。
ということは、桜の季節にご招待したら、桜吹雪をみせてもらえるのだろうか。
桜吹雪に花見酒・・・嵐を呼ぶということは、それは実に魅惑的な特技だなぁと、自称晴れ女の私はちょっとうらやましく思いました。

b0015222_224954100.gif


Hさん&Sさん、遠いところありがとうございました。
ちなみにTAAと私は晴れ夫婦、だけどちゃこは雨女です。
ドライブの際にはぜひ私たち夫婦を、
ショパンをしっとり聴きたい時にはちゃこをお申し付けくださいませ。


★ お知らせとお礼 ★
先日応援していただいた「日本ブログ大賞2006」の結果が発表になりました。
たくさん応援していただきましたが、力およばず・・・でした。ゴメンナサイ。
でも、沢山のメッセージ、本当になによりもうれしかったです。アリガトウゴザイマシタ!
もっと、もっと、たくさんの人に楽しんでもらえるように頑張りますので、どうぞこれからもよろしくです。
もきゃ!

そして、東北ブロガー仲間のasamiさんの【大館市観光レディ Blog♪】がニュース部門で大賞を受賞しました。今はブログは休業されているのでアドレスはつけませんが、おめでとうございました!!
[PR]
2006年 03月 03日 | |
唐突ですが、「笑い」が好きです。
最近のお笑いでいえば、お気に入りはおぎやはぎ、タカ&トシ、笑い飯。
お笑いといっていいのかわからないが笑点&笑点メンバーもかかせない。
そしてそんなプロのお笑い界にも送り出したくなるような人というのは、何故か身近にもいるものでそれは釜津田もしきり。
昨夜のお客様はそんな貴重な一人。
冒頭のラインナップとは若干異なりますが、昨夜の様子をオリエンタルラジオ・武勇伝にのせて。
でんででんでん・れっつご~。

b0015222_19355551.gif


いずれにしても、沢山のあたたかき笑いでココロはスッキリ、身近な人のおコトバは何よりもありがたく、ますますの精進を勝手に誓った夜でした。
笑いに関しては悲しいかな、実に他力本願な私なので、T勝さん、また呑みにきてください。

ちなみに、T勝さん曰く、自分へのファンレターは私(AKI)宛で、とのことでした。ペケポン!

▼ そして今日はすがすがしく。


[PR]
2006年 01月 16日 | |
昨日は消防団の出初式と新年会。
こんなときの私の出番は、さらにその後の二次会の送迎。飲んだら乗るなはどこでも鉄則。

ところで地域の飲み会での頻出問題は、以下三つと思われる。
1.牛の話(ぴんからきりまで)
2.消防団の話(消防団はかくあるべき論多し)
3.鹿踊り(ししおどり=釜津田の郷土芸能)

今回は鹿踊り。踊る人あり、歌う人あり、踊りの前口上の解読班あり。
話題が他にないのかというとそうでもなく、むしろ毎回他のどんな話題より全員一丸で盛り上がれるから凄い。
いろんな意味で、ものすごく奥が深くて、だからそこ頻出。
それゆえ、私の様な素人は何度聞いても未知の世界で、未だ聞くだけ、頻出問題はふれるな危険の世界です。

b0015222_19492959.gif


ちなみに、帰り際、酔ったいきおいで人の運転にちゃちゃを入れるのは、別の意味で頻出問題。

☆ 鹿踊りについてはこちらもどうぞ → 真夏の夜の宴(ゆめ)

▼ 夕暮れ。静かに揺らめく。


★ 日本ブログ大賞【イラスト部門】に参加しています。
たくさんの投票&メッセージありがとうございます!この場を借りて感謝です!!

追伸:あぁぁ~、またイラスト内の誤字のご指摘(涙)。誤字脱字はこのブログの頻出問題。修正できないですが、見つけたら教えてくださいね~。ありがとうございました。
[PR]
2006年 01月 15日 | |
わが家のまわりには本屋がなくて、少々寂しい思いをしています。
それでも、最近はたまに出かけたときに手当たり次第本を大人買いしたり、かもしか号を利用したり、それなりに充実。
でも一番利用しているのはインターネットの本屋さん。
パソコンのボタンひとつで欲しい本が宅配される。便利。
お金を払って本を手渡ししてもらう擬似本屋体験も私にはうれしい。

昨日、注文していた本が届いた。
宅配の車の音でたいていわかる。急いでお財布片手に玄関に走る。
「はい、どうぞ」いつもの宅配のお兄さんが、いつものように手際よく、伝票を確認しながら包みをくれる。
ごそごそとお財布をのぞく私の横で、いつものようにお釣りを用意してくれて、いつものようにサイン用のペンを出してくれる。
全てがいつもの通り。でも、決して事務的ではない。
口にはしないけど、今日は何が届いたの?よかったね、というような感じ。いつもニコニコ。

本当はね、ボタン一つで注文した一冊の本のために山道をぬってわが家まで届けてもらうのは申し訳ないと思うときもあるのです。特にこんな雪の季節は。
でも、そのさりげない手際よさを見たくて、ついついまた本を買ってしまいます。
宅配の車の音を聞くたびに、ちょっとワクワク。本と本屋気分と待ち人来たる、そんな感じ。

b0015222_21103218.gif


▼ 今日はまた冬の匂い。


★ 日本ブログ大賞【イラスト部門】に参加しています。
たくさんの投票&メッセージありがとうございます!この場を借りて感謝です!!

追伸:コメントのお返事について、たくさんのコメントやメールをありがとうございました。そして、そっと見ていてくださる皆さんにも感謝!元気100倍、勇気200倍の私。これからもマイペースで細く長く続けていきたいと思います。
[PR]
2005年 12月 16日 | |
義母は小さな喫茶店をしていています。
こんな山の中でお客さん来るの??とよく聞かれますが、
近所の人、通りすがりの人、道に迷った人、電話を借りたい人、釜津田へ仕事にくるいろいろな業者さんたち、釣り客、ツーリング客、エトセトラ、エトセトラ・・・それなりに流行っていて(?)、常連さんも多い。

そんな常連さん達が今日も来て、冬になると来れないからしばしのお別れに俺達の愛車に乗ってみないか、という。
それはそれは、と無邪気に外へ飛び出すと、それはこんな車でした。

b0015222_20451716.gif


どおりで、義母が「私は乗らない」と言い張ったわけだ。
何とかと一緒で高いところが大好きな私もさすがに怖かった。
でも、こんな愛車に乗せてくれる常連さんは、ちょっと離しがたかったりするのです。

★ 常連さんのお仕事にも、ちょっと尊敬の念を抱いたりしちゃいました。
  でも愛車への乗車はもういいかなぁ・・・。

▼ 愛車からの眺めはこんな感じ・・・怖っ。


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


[PR]
2005年 12月 11日 | |
昨夜は楽しい忘年会。集まったのは、私の住む岩泉町のIターン仲間たち。
今回は普段出不精な私たちにあわせて、会場をわが家に設定してもらい、おかげで私もゆっくり食べたり飲んだりおしゃべりできた。なんだかもの凄く楽しかった私です。

b0015222_21455489.gif


最近すっかり嫁業も板についたと自画自賛の私も、思えばIターンの一人だったりするのだなぁとしみじみ過去を振り返ってみたり。
M家出品のゆず大根が美味しいナァと思ったり(小豆のスコーンも美味しかったのだ)。
A家出品の短角牛のスモークに、やっぱり短角牛最高と思ったり(←A家は肉加工のプロである)。
Yっこさんの恋路をかってにつくってみたり(95%でっちあげ、残り5%冷やかし)。
新婚S家の仲のよさにわが身を振り返ってみたり(あんな時代もあったかと)。
後半、近くでやはり忘年会をしていた釜津田消防団員数名の乱入をうけたり(ここでムードが一挙急転・合コン化!?)。
布団の中でワクワクおしゃべりしたり。
なんだか知らないうちに、皆地域に根をはっているんだなぁと思ってみたり。
思いっきり笑って、エネルギーをもらったり。
鼻の下をのばしているTAAがいたり。
でもやっぱりゴキゲンな私がいたり。
なによりも、基本的に酒豪ぞろいであることが、奇遇かつ運命的と感じたり。
なんだか、一晩で、とてもいい一年だったナァと思えるような、そんな雪降る夜の幸せな宴でした。


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。




★ Iターンズの皆さん
絵が似ていないことにこだわることなく、これからも変わらずご愛顧のほどを・・・。
[PR]
2005年 12月 01日 | |
釜津田には病院はないが、小さな診療所がある。
診療所の診察日は週に一回(しかも午後のみ)だけだが、最寄の病院までは1時間弱かかることもあり、マイカーを持たない人や定期的に薬を服用するような高齢者の人にはやはり診療所の存在は大きい。

今日は週一回の診察日。さっそく薬をもらいにじいちゃん、ばあちゃんと近くの診療所へ行ってきた。
ばあちゃん曰く、誰よりも早く受け付けしなければ、ゆっくりお医者さんの話も聞けない、ほら急げ、ほら遅れるな・・・せかされなが診療所へ早々にたどり着く。
そんなに患者さんいないのになぁ~、まだ早すぎるよなぁ~と思っていたが、遅かった。
すでに先客10名ほど。小さな診療所だからとあなどることなかれ。
その存在の大きさは、受付時間の前にこそ実感できるものらしい。
ばあちゃん得意の30分前行動さえ、大きな出遅れ感が否めなかった。

b0015222_21271314.gif


余談ですが、じいちゃん、ばあちゃんの孫であるTAAは遅刻常習犯。
30分前行動、なぜTAAには隔世遺伝しなかったのか、心から残念で仕方が無い。

▼ 今日はしずかに輝く夕暮れでした。


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



★ 今日も、コメント、メール沢山頂き、ありがとうございました!!★
今までと全く桁違いのコメントにまだ不慣れで・・・ひとつひとつゆっくり読ませていただいていますが、お返事ができません。もうちょっと自分が落ち着いたらお返事再開しますので、それまでの失礼、ご了承くださいませ!


★ お返事いろいろ at 05/12/02 22:00 ★--------------------------------
こんばんは!沢山のコメントありがとうございました。今日もとってもうれしいです。
全部最初から見てくださった方も多いようで、ちょっと恥ずかしいような、うれしいような(笑)。
釜津田はISDN回線なので、全部見直すには何時間かかるのか・・・ホントにありがとうございます!!

さて、「さっちゃんバス」についてご質問があったので。さっちゃんバスとは、それはもの凄く素敵なバスで、その人気は猫バス並みです。詳しくはこちらをどうぞ→さっちゃんバス

では、また明日!   by AKI
[PR]
2005年 11月 26日 | |
わが家に来る人は以下の三つの人種に大別することができる。
1、玄関から「どぉも~」と来る人・・・普通のお客様、郵便屋、セールスマン等
2、裏口から「お~い」と来る人・・・近所の人全般
3、何も言わず牛舎に向かう人・・・畜産関係

そして、3の代表といえるのが獣医さん。
獣医さんはとても忙しいので、車の音がこんにちは。
そしててきぱきと診察や処置をして帰っていく。そして車の音がさようなら。
その多忙ぶりと無駄のなさがカッコイイ。
でも、それだけじゃない。

b0015222_214114.gif


私の知る限り、料金に無意味に「万」をつけるのは獣医さんと某スナックHの年齢不詳のママだけだ。
謎多き、魅惑の獣医稼業。
間違いなく、私の憧れの職業のひとつだ。

▼ 今日は久々いい天気。



[PR]
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon