こちら、北国岩手の山の中。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。
開設者:AKI
by kamatsuta
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ: ・ 実家帰省編( 30 )
| |
|
2004年 12月 11日 | |
b0015222_23515491.jpg 何年かぶりに母校(小学校)をゆっくりながめた。

 私が小学校2年のときに新設された学校。
 当時は48人学級が各学年4~5クラスあって、教室が足りずに視聴覚室などを普通の教室として使ったりの大所帯だったのですが・・・。今は児童が少なくて空教室ばかりとのこと。

 新設された当時(私が通っていた頃)は新興住宅地に子どもがあふれていたけれど、今はその住宅地も高齢化(?)ということらしい。

 なんだかちょっと寂しいね。
[PR]
2004年 12月 11日 | |
b0015222_032921.jpg 実家から車で10分ほどの所に二三年前にできたイタリア料理屋さん。実家の父母や姉夫婦のお気に入りのお店です。

 町外れにあるのに平日のお昼すぎでも満席という人気ぶり。今日も混んでいました。もちろん、とっても美味しい!

 ところが今日は「?」な出来事が。

 食後のホットコーヒーに何故か角砂糖とガムシロップがついてきた。ミルクは?と思って、「ミルクをください」とガムシロップを若いウエイターに差し出すと、そのウエイターは「え?ガムシロップじゃなくてミルクですかぁ?」と尋ねかえし、しぶしぶミルクをとりに。

 今時の若者はホットコーヒーにミルクではなくガムシロップなのだろうか・・・??コーヒーにミルクってそんなに不思議?
[PR]
2004年 12月 10日 | |
b0015222_19573910.jpg 今日は明後日岩手へ帰るための新幹線の切符をとりに駅へ。

 いつも盛岡で新幹線の切符をとるときは自動の券売機を使いますが、実家の駅では自ら時刻表をひらき、手書きの指定席申込書を窓口に提出しなければならなかった。

 知らぬ間にエレベーター、エスカレーター、自動改札、駅前の広場にはクリスマスイルミネーションと設備がどんどんすすんでいた実家の駅ですが、いつまでもかわらぬ所もあるらしい。

 小学生のころ、この駅に社会科見学に来たなぁ、と思い出しつつ、ささやかなアナログ感が何故かうれしい、本日のAKI in 埼玉でした。
[PR]
2004年 12月 08日 | |
b0015222_21316100.jpg 今日、買い物ついでに埼玉の県庁所在地浦和にでかけたら、駅前のデパートの前で人だかり。何かとのぞいてみたら、ちっちゃいちっちゃいポニーが二頭。なんでも、「介護馬」というもので、盲導犬の馬バージョンなんだとか。そこは介護馬普及のための募金コーナーで、担当のおじさんは「アメリカではかなり普及している!」と訴えていたけど・・・。

 そんなおじさん(とおばさん)の横でムシャムシャ牧草を食べている二頭。とってもかわいいけどね、日本の生活スタイルとは合わないような気がどうしてもしてしまうのは、私だけ?

 今日の刺激にあふれる埼玉でした。
[PR]
2004年 12月 07日 | |
b0015222_21475145.jpg外は暖かいし、
庭ではミカンがなっているし、
インドの味は楽しめるし、
久しぶりに帰った埼玉は
釜津田とはやっぱり違うなーと思っていたけど、
夕焼けのきれいさは同じよう。

ただし、
関東平野の夕焼けは、
釜津田の山にすぐにかくれていく夕焼けよりも
ちょっとだけ長い時間つづきます。
[PR]
2004年 12月 07日 | |
b0015222_21404645.jpg今日は実家の母親とランチ。

行き先は最近近くにできたというインドカレーのお店。
(本格的で美味しかった。シェフはもちろんインドの方)

知らぬ間に、どんどんハイカラになっていく我が故郷。

まさか故郷で南国・インドの味まで楽しめるとは。
[PR]
2004年 12月 07日 | |
埼玉の実家の庭にミカンと椿。
ここだけ見ると、色彩的には南国のようです。

釜津田では久しく見ていない鮮やかな色。

埼玉はどうやら南国であるらしい。

b0015222_21365872.jpgb0015222_21364593.jpg
[PR]
2004年 12月 05日 | |
b0015222_1435890.jpg今日の埼玉はとにかく暑い。
家中の窓をあけ、吹きぬける生暖かい風で涼みながら
強い日差しにじりじりと焼かれています。

今日の気温は26度とか。
つい数日前は釜津田でマイナス6度を経験したばかりなので
この暑さには驚くばかり。

異常気象とはいっても、
ちょっと異常すぎますね。
[PR]
2004年 12月 04日 | |
b0015222_14301980.jpg
法事のため、しばらく埼玉の実家へ行くことに。
いつもの新幹線「はやて」にのっての快適な旅。
盛岡―大宮間、わずか2時間です。
(ちなみに釜津田から盛岡まで車で1時間半)

旅のお供はやっぱりあったかいお茶ですね。
[PR]
2004年 11月 10日 | |
b0015222_20402059.jpg 今週末、チェンソーアートのチャリティーイベントに参加するため岩手からはるばる琵琶湖のほとりの滋賀県へ遠出をする予定の私たち。
 遠出への出発を少し早めて、私ひとり、実家のおばあちゃんのお見舞いもかねて一足先に埼玉の実家へ寄ることに。半年ぶりに実家にもどると、新しいパソコンが・・・。早速そのPCを使って、埼玉からこれを書いています。新品はいいね~、やっぱり。キーボードの軽さが違います。

 ところで、今日、新幹線を降りてから駅の改札口で、携帯を片手に母との待ち合わせ時間を待っていると、突然柱の影から「あの~カトウメグミさんですか?」と若い男の人に声をかけられた。「いえ、違います」というと、その男性は去っていったが、その男性、しばらくあたりをきょろきょろしながら携帯を手に誰かを探している様子。私も退屈だったので、しばらく観察していると、5分ほどして誰かと連絡をとりあった様子でうれしそうにどこかへ消えていきました。多分、意中の「カトウメグミさん」に会うのだろうけど・・・、顔を知らずに名前と携帯をしっている人との待ち合わせって、なんだか不思議~!!と思うのは私だけでしょうか?

 久しぶりの実家で、ちょっぴりカルチャーショックな AKI でした。
[PR]
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon