こちら、北国岩手の山の中。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。
開設者:AKI
by kamatsuta
プロフィールを見る
画像一覧
<   2004年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
| |
|
2004年 09月 18日 | |
b0015222_2135297.jpg 突然ですが、最近、やっと新しい長靴を仕入れました。度重なる農作業で前から愛用していた長靴が裂けてしまったのです。農家には長靴は必需品。しかも北国では、雪の降る冬は長靴無しでは生活できません!!

 私が現在愛用している長靴は写真の四足。白い長靴は牛用。なぜか牛を飼う人は白い長靴を愛用しています(ちなみに馬の品評会では馬主さんは黒の長靴でした)。足首までの長さの黄色い長靴は草取り用。しゃがみ易いし、暑い夏には最適。右端の赤い長靴は昨年から愛用していたお気に入りの長靴。農作業、牛の世話、冬の雪かき、その他もろもろに使用。どうしても赤い膝丈の長靴が欲しくて、やっと見つけた一品ですが、とうとうボロボロに。で、もう一足の赤い長靴が、新しく仕入れたもの。やはり赤の膝丈を!と ナチュラム というサイトで探しだしました。

 大人のオシャレは足元から、といいますが、農家のオシャレは長靴から・・・。
[PR]
2004年 09月 18日 | |
b0015222_20265839.jpg  釜津田は農繁期・・・というのは以前にも書きましたが、農作業は自分の家の仕事が終わればめでたし、めでたし・・・というわけにはいきません。
 釜津田ではまだユイトリという習慣が残っていて、農作業などを誰かに手伝ってもらったらその分を手伝ってかえさなくてはいけません。手伝ってもらった分のユイをかえすことを「ユイすまし」、何の借りもなく後日手伝いに来てほしいときに手伝いに行くとこを「ユイかし」とかいうようです。この時期になると、どこの家でも、「この前のユイすましにいかなければ」とか「うちではあそこの家に何日、何人(ユイ)かししてたから・・・」と手伝い勘定に大忙しです。
 わが家でも今年のサイロ詰めでは、K家にユイ貸しし、その分手伝いにきてもらい、同時に別のN家からユイ借り。で、このとき借りたユイを返しにN家のサイロ詰めを手伝いに行き、そのサイロ詰めを多めに手伝ってさらにユイを貸し、貸したユイは今度の米刈りでかえしてもらう・・・という感じ。
 ちょっと複雑ですが、要は、借りた分は返す、という単純なこと。確かにとても忙しいのですが、家族だけで黙々と農作業をするよりも、親しい家同士でユイトリしながら作業の後に皆で一杯!の方がずっと楽しい。そんなこんなで、朝から夜まで忙しい毎日です。

写真:この三日、ユイトリでサイロ詰めをしにいったN家で今年登場のサイロ用運搬車(?)。
[PR]
2004年 09月 11日 | |
 昨日の夕方、空を見上げると、雲が黄金色に輝いていました。その30分後には美しい夕焼けに。空はいつみても飽きることがありません。b0015222_9163998.jpgb0015222_9165011.jpg

左:岩泉二升石付近の空(17時30分頃)
右:釜津田種倉付近の空(18時頃)
[PR]
2004年 09月 09日 | |
b0015222_20392863.jpg 釜津田は本日、台風一過の青空!!気温もぐんぐん上昇。久しぶりの洗濯日和りとなりました。

 ところで、先日台湾の友人から聞いた話。日本では台風は「台風○○号」といったように数字で表現しますが、台湾では数字ではなく人の名前でよぶそうです。先日台湾を襲った日本名「台風17号」は、台湾では「蘭寧」と命名されていたそう(読み方がわからないけど)。ちなみに、偶数・奇数で男の名前・女の名前と分けて付けらるそうです。

 ところ変われば、いろいろです。それにしても、遠くの友人はもちろん、世界中と瞬時でお話できるインターネット、ありがたや、ありがたや。
[PR]
2004年 09月 09日 | |
b0015222_20354735.jpg 喫茶店ぶるっくの新しい季節のパスタ登場。
 それはもちろん!マイタケのパスタ。
 採れたてのマイタケをたっぷり使い、ベーコンを添えての塩味パスタです。
 美味しいよ。ご賞味あれ!!
[PR]
2004年 09月 07日 | |
 今日はマツタケをGET。とはいえ、3時間山に入っての収穫は一本・・・。釜津田はもともとマツタケは少ない、と思えば、きのこ採りの出だしとしてはまずまずのでき。

b0015222_20332741.jpg ちなみに、今日のマツタケ採りはわが家の愛犬チャコ(最近名前が変わりました)の山デビューでもありました。もともとクマ、ヤマドリ狩りとして飼いはじめたチャコ。徐々に山に慣れてもらわないといけません。が、しかし。不安な面持ちで車に乗りこむと、山に着くころにはすっかり車酔い。これはいかん・・・。b0015222_20351761.jpg

 それにしても、今年はきのこのシーズンが10日くらい早いようです。そして、比較的豊作気味。秋風に散る落ち葉はもの寂しいものですが、それを忘れさせてくれる忙しさと楽しみがたくさんある釜津田です。
[PR]
2004年 09月 06日 | |
b0015222_21244387.jpgb0015222_21215679.jpg 今朝、お義父さんが家の横にあるマイタケ畑(?)に行くと、あるわ、あるわ、マイタケが!!
 今年は、気候がよかったためか、早々から釜津田ではきのこの話題でもちきりでした。すでにマツタケのうわさもちらほら。岩泉町はいわずと知れたマツタケの産地。釜津田ではマツタケはあまりとれませんが(造林地が多いためらしい)、マイタケ、シメジ、マスタケ、アミコ・・・いろんなきのこがいっぱい採れます!!
 今晩は、さっそく採れたてのマイタケでひっつみに。一年ぶりの生のマイタケを味わいながら、きのこの季節の到来をしみじみ思いました。
[PR]
2004年 09月 06日 | |
 共進会をはさんで、わが家ではサイロ詰めがはじまっていました。デントコーンを収穫し、カッターで刻んでサイロに詰める・・・この作業のなんと大変なことか。それでも、今年は、家族に加えて近所などなど7人に手伝ってもらい、4日ほどかけて無事終了。

b0015222_21755.jpgb0015222_2172896.jpg
  釜津田ではすでに稲刈りも始まっています。サイロ詰めをするカッターの音、刈りとった稲を運ぶ運搬車の音、そしてお互いの家で作業を応援しあう人々のせわしない往来の音が、釜津田中にあふれています。

[PR]
2004年 09月 06日 | |
 とうとうやってきました、短角牛美人コンテストもとい岩手県畜産共進会!!
 私たちをはじめ、釜津田の出品農家は前日からの会場入り。夕方、牛と共に会場に入り、最後の牛の手入れや世話をしながら夜は前夜祭(ただの飲み会です)、そして会場の駐車場で車中泊。そして当日の早朝から本番直前の手入れなどなど。大忙し。
 さすがに岩手県の大会となると、みるからに立派で毛の艶もよく、丁寧に手入れと世話をされた牛が勢ぞろい。その中で、わが家の牛は前日から熱をだし、ほとんど餌も食べず、やつれた姿・・・。が、しかし!!わが家のかわいい「あきひめ」号はみごと二歳の部で二等一席に!背筋の伸びとプロポーションの良さが評価されたようです。 
 その他、釜津田からは数件の農家が参加。いずれも一等、二等を独占し、「釜津田短角牛」のすばらしさは折り紙つきとなりました!!さあ、これからも頑張って牛を飼うぞ!

b0015222_20465417.jpgb0015222_20471299.jpgb0015222_20472795.jpg









(写真) 左:最後の手入れは念入りに。 中:見事二等のあきひめ号 右:Y君は中学生ながらすでに一人前!?
[PR]
2004年 09月 01日 | |
 明後日は岩手県の牛の共進会。共進会は牛の品評会ですが、もっと簡単にいうと牛の美人コンテスト(らしい)。わが家の牛は今年、地区の予選を勝ち抜き県大会へ。
 県大会ともなると、人の気合も違います。先日は、牛の爪きり、散髪。そして今日は共進会直前の最後のおめかし、シャンプーとリンスまで!!さて、わが家の牛がどこまで勝ちあがれるかお楽しみに!(あまり期待はしてないけど)。

写真 左:わが家の期待のホープ、べっぴんです。 中:Aさんによる牛の爪きり。なたの様な刃物と木槌で爪を切る・・・。 右:牛の床屋名人のK&Mさん。ハサミとカミソリを駆使しての散髪。人も牛もさっぱりが一番!!

b0015222_114728.jpgb0015222_11523918.jpgb0015222_11525310.jpg

[PR]
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon