「ほっ」と。キャンペーン
こちら、北国岩手の山の中。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。
開設者:AKI
by kamatsuta
プロフィールを見る
画像一覧
<   2005年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧
| |
|
2005年 09月 30日 | |
昨日から、稲刈りでした。
嫁業に専念するようになってから3回目の稲刈りで、大分要領も覚えてきたものの、なにせ稲刈りは年に一度だけ。だから、一年ぶりの作業では、細かいことをコロッと忘れていたりする。
例えば稲束の束ね方。束にした稲をワラでぐるっと巻いてギュッと束ねるだけなのだが、手際よくまた解けないように束ねるにはコツがある。
で、稲束を前にワラをにぎり悪戦苦闘の私をみかね、TAAがコツを伝授してくれた。
ザッとやってグルンとやってギュッとしてギュウ・・・。

しばらくすると、義父が稲を干すハセの前で、手伝いに来てくれていたK一さんにハセ掛けのコツを伝授していた。
パッとやってギュッとしてパサッとかけてギュッ・・・。

TAAと義父がくりだす擬音だらけの解説はまるで我らがミスター長嶋のようであり、微笑ましくも意味不明。
そんなわけで今年の稲刈りは、お米の出来のよさに加えて意外なところでTAAと義父の親子の絆を実感できたよい稲刈りでありました。

b0015222_23214636.gif


うちのお米づくりはほぼ自家用なので、稲刈りも二日程度で終わり、可愛いものです。
後はだいたい二週間後に米こき(脱穀)をして、美味しい新米を食べるだけ!

▼ 稲の壁


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


[PR]
2005年 09月 30日 | |
稲刈りをしています。
今年はなかなかのよい出来です。
b0015222_8305961.jpg

そんな感じで、また後で。


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


[PR]
2005年 09月 28日 | |
マイタケが旬のわが家。
山菜の時期には山菜を、ワサビの時期にはワサビを、マイタケの時期にはマイタケを、親戚・知人のところへお届するのも仕事のひとつ。
そんなわけで今日は親戚のところへマイタケを届けに。
そしていつも密かに感じているのだが、旬のお届けものの際には、実は意外な展開が待っていたりする。

今日はマイタケでマツタケが釣れてしまった。
一世一代の大釣果。
秋の山里ではいろんなものが釣れるらしく、実はこの釣果が重要だったりする。

b0015222_2035403.gif


そういえば、あと二ヶ月もすればワサビでアワビが釣れる季節だなぁ~・・・(独り言)。

▼ もう、マツタケだらけで困っちゃう。




[PR]
2005年 09月 27日 | |
わが家の牛舎は年代物。
ここ何年かずっと雨漏りがひどいので、今年はいよいよ屋根修理。
そのついでに(といってはなんだが)牛舎の屋根のペンキも塗り替え。
自前ではちょっと大変なので、町からペンキ屋さんをたのむ。

もともと人の作業をながめるのが好きな私。
今回のペンキ屋さんの仕事ぶりもやっぱり見ていて面白い。
高い屋根をヒョイヒョイ歩く姿もいいし、ペンキ塗りのローラー使いや、さりげなくも熟練のチームワークもたまらない。
でも、そんな彼らの仕事ぶりを見るのはあくまでも壁の影から。覗き見止まり。
職人さんとは近寄りがたく、それ故さらに想いが募る存在なのだ。

b0015222_21441913.gif


▼ マイタケ!食べごろ~!!


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


[PR]
2005年 09月 26日 | |
空白の4日間、遊び呆けていた連休のお話・後編。

24、25日は地元・岩泉町で短角牛の祭典「おでんせ べごっこフェスタ」がありました。
TAAは短角牛の生産者の代表として短角牛の焼肉コーナーの担当。
私はただの「おまけ」ということで、さっそくイベント会場へ。
会場の目印は、今年も恒例の「短角くん」の巨大アドバルーンだ。
b0015222_21104034.gif

アドバルーンの下で、三年ぶりくらいにタックさんと再会してゴキゲンな私。
そして、私達が所属するKIKORIアート倶楽部のチェンソーアートの実演(今回は西間・佐藤が担当です)では、主催者から突然渡されたマイクを手放すのがしのびなく、ついついMCなどをしてしまった私。
これには、我ながらびっくりだ。
もちろん、二人の作品もすばらしく、こちらにもびっくりだ。
b0015222_211189.gif

私って、意外とマイク好きなのかしら、と一人思い悩んでいる私にそっとしのびよる影は・・・なんと、『岩手の建築士』のkazunori さん。二時間かけてきてくださったのです(感涙)!
そしてまた、同郷ブロガー・KCさんとも偶然再会(KCさんについては、こちらもどうぞ→「オフラインで逢いましょう。」)。
b0015222_2111291.gif

そんなこんなで、私は一年分くらいの人に会い、一年分くらい楽しんだ。
b0015222_21114929.gif

親の心子知らず、もとい、焼肉担当さんたちの苦労私知らず。イベントはおまけが一番だ。

こんな感じで、私の連休のお話はお・し・ま・い。(親戚との楽しい晩餐もあったけど、それはヒミツなのだ。)

いずれにしても、澄んだ秋空にむかって、農家の嫁にはいい羽根伸ばしになりました。

お後がよろしいようで。ちゃん、ちゃん。

▼ 焼肉担当、でも肉は遠し・・・


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


[PR]
2005年 09月 26日 | |
四日間のご無沙汰です。
「多忙」などと書いたため、まるで農作業で多忙な雰囲気になってしまいましたが、実はそうではなかったのであります。
苦労話でなくてごめんなさい。

さて、この連休。
ではいったい何をしていたかといえば・・・
一、地元・釜津田の「大」運動会~恐るべきもっきりレース~
二、地元・岩泉町の短角牛のお祭り~またまたブログつながりの方とご対面~
三、里帰りの親戚一堂とのめくるめく大宴会~骨酒にやられました~  などなど。

あぁ、なんだ、ただ遊びほうけていただけなのね、とお思いの方、その通りです。ごめんなさい。

ではさっそく連休のお話・前編。運動会のお話。
連休の初っ端は、年に一度の地区の「大」運動会。
今年ははじめて「もっきりレース」に挑戦いたしました。
b0015222_14392941.gif

しかし、この「もっきりレース」、実はとんでもないものであったのだ・・・。

b0015222_1440767.gif

それにしても、近所の子ども達の前で、真昼間から赤い顔している私って・・・。
などと言いながら、過去は振り返らないのが私の信条。
話はどんどんすすめます。久しぶりだし。
では、後半、短角牛のお祭りのお話へつ・づ・く。

▼ 運動会のメインショーは消防団による放水訓練(この中のどこかにTAAもいる)




[PR]
2005年 09月 24日 | |
多忙ニツキ、モウシバラクオ待チクダサイマセ。
[PR]
2005年 09月 22日 | |
先日、どうしてもの所用があって盛岡へ出かけた私。
釜津田から盛岡へは放牧地のある牧道を通っていく(ただし、冬季は積雪のため通行不可)。
今の時期は放牧地のある山頂あたりは紅葉がぼちぼちはじまり、なかなかのドライブコース。
下手な鼻歌にのせて軽快にハンドルを握っていると、前方から何かがヨチヨチ近づいてくる。
以前この道でクマにあったことがあるので、もしやクマかとドキドキして目をこらすと、やってきたのはトンビだった。
そのトンビは、ヨチヨチヨチヨチヨチヨチヨチヨチこちらに向かって歩いてくる。しかも道路の真ん中。
多分、紅葉がはじまりつつある山頂をちょっと散歩でもしたかったのかもしれない。
でもトンビ君。ここは空じゃない。
道路を歩くときは交通ルールにちゃんと従って頂きたい・・・というのは人間のわがままか?

b0015222_2144415.gif


▼ カエルと秋色


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


[PR]
2005年 09月 22日 | |
秋の夜長といいますが、秋になると思いのほか夜出歩くことが多いらしい。
義母はいつも忙しいのだが、TAAは季節的に忙しいらしい。
サイロ詰め・稲刈りの打ち上げ、地区行事や消防団や畜産関係の「非公式」相談会、近所にやってきた新車の納車祝い(納車祝いは季節に関係ないのですが、秋の夜の宴の口実には最適)。
そして、何故か家に残されがちな義父と私はといえば。
行方不明の家族を思いながら意気投合。
意気投合とはいいながら、時間とお酒のすすみ具合によって、話は意外な展開をみせたりもするわけだが、こんな時は大抵、どこからか義父の秘蔵のお酒がでてくるので、実は結構ラッキーなどと思っている。
そんな風に、わが家の秋の夜長は、あちこちで、いろんな思惑のお酒が酌み交わされるわけである。

b0015222_856164.gif


ところで、義父とサシで飲むお酒は、不思議なことに、結構あとから効いてくる。
そんなわけで、更新も途切れがちコメントへのお返事も遅れがちの秋ですが、温かくみまもってくださいませ。


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


[PR]
2005年 09月 20日 | |
わが家の暮らしは農業、畜産、林業の三本立て。
TAAは農作業がなく天気のいい日は山へ行く。
私は山仕事へは行かないのでそんな日はのんきに過ごす。
だからTAAが山から帰ってくると、殊勝な私はご苦労様の意を倍増させるべく一言付け加えてみる。

b0015222_20552621.gif


わが家ではノリが命なんですが、私も私だがTAAもTAA。
なんか傍からみるとただのばか者同士だ。いろんな意味で泣けてくる。

▼ マイタケの子どもが出始めました。まだ私のゲンコツくらい。


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


[PR]
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon