こちら、北国岩手の山の中。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。
開設者:AKI
by kamatsuta
プロフィールを見る
画像一覧
<   2005年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧
| |
|
2005年 11月 08日 | |
週末から泊りがけで林業の研修に出かけていたTAA。
研修はとても素晴らしかったらしく、えらく大興奮で帰ってきた。
感動の表現方法というやつは、幼い頃に確立するのものなのだろうか。
TAAは一晩中、「とにかくすげぇーんだぜぇ!!」を繰り返し、身振り手振りでその興奮を伝えてくれようとしていたが、私にはヒーロー映画を見た親戚の子どもORサムライにしか見えなかった。とにかく凄いということはわかったけど、微妙に申し訳ない。

b0015222_1011715.gif


▼ 興奮の研修はこんな感じだったらしい。


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


[PR]
2005年 11月 06日 | |
b0015222_20404376.gif


ちなみに、ゴミ箱に投げたゴミが4回はずれてフォアボール。
まだまだあるけど、な・い・しょ。

▼ 気がつくと、山の木の葉も残りわずか・・・。


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


[PR]
2005年 11月 05日 | |
わが家の牛たちのほとんどは今もまだ山の放牧地にいるのだが、牛舎にも先に帰ってきた牛たちが4頭ほどいる。
冬の間の牛たちの餌はたいていサイロ(デントコーン)と乾草だけど、今はまだ牧草地にも草が残っているのでそれを刈って食べさせている。牛だって、干した草よりはより生に近い草の方が好きみたいだし。

ところで牧草集めにはフォークを使う。
刈った牧草をザクッと刺してクルッと巻き取る。
ちょっとパスタを上品に巻き取る感じに近いのだけど、実は結構難しい。
TAAと同じようにしているつもりなのに、なぜか最後が違う。
TAAは牧草を上手に山盛りに集めるのに、私はすかすか。
おかしいなぁ、何故なのか。
シンクロナイズド・牧草集め、まだまだ練習が足りないようだ。

b0015222_20532917.gif


▼ ここが舞台の牧草地。


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


[PR]
2005年 11月 04日 | |
唐突ですが、TAAのズボンはすぐに破れる。
別にやんちゃ小僧なわけではなくて、TAA曰く、山仕事中に小枝や茨などにひっかかって知らぬ間に破けているらしい。
穴あきズボンは夏場は涼しくてむしろ快適でさえるようだが、さすがに最近の冷え込みにその通気性は厳しいようで、ここしばらく、穴を繕ってと言われていた。
もう十分繕いを重ねてきたズボンだし、どうせすぐ破けるし。面倒くさくて生返事でごまかしていた。
でも、急に気が向いたので、試しに縫ってあげてみた。青い糸で波縫いもといステッチ効かせ、丈夫な布で補強もといアップリケ。
完成品をTAAに見せたら、一言目が「カッコイイ」。
かねてから疑問をもっていた彼のセンス。
ここまでくると忘れられた日本の心・MOTTAINAI精神を感じたり。

b0015222_21253539.gif


▼ 今日の針仕事を見守っていてくれたわが部屋の飴色の愛鳥。


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



★ おまけ ★ 農家の嫁の賑やかな一日
b0015222_21261864.gif

農業誌(若手の就農者が載っていたりすると特に)を見たり、同じ町に住む仲間(と勝手に思っている)に会うと、なんか皆ちゃんとしてるなぁと思ったりする。自分以外の人が皆凄く思えたり。
普段、小さい地域の中にいるからね、そんな風に思うこともあるのだ。
だけど、最終的には腹を決める。私はココで生きていくのさ。
そんな感じで、嫁にとって賑やかな日は良い刺激を受ける日でもあるのでした。ちゃんちゃん。

とりあえず、Iターン仲間の皆様、忘年会しましょうね。
『地上(12月号)』のYさん、Kさん素敵な記事にしていただいてありがとうございました。
[PR]
2005年 11月 03日 | |
明日明日山からかえってくる親牛たちを気持ちよく迎えるべく、牛舎の片付けにいそしんでいる。
牛舎の片隅には、もう長らく放置されてきた棚がある。
あまりにも長年放置してあったので、誰かの忘れられたへそくりでもあるかとおもったけど、なかった。

発見二至ラズ、残念。

b0015222_19494251.gif


▼ 秋の終わりのカラマツ林。


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


[PR]
2005年 11月 02日 | |
朝の冷え込みが日に日に厳しくなりました。
もう冬に片足を踏み入れた釜津田です。

この時期は、大根干しの季節。
どの家でも、毎朝霜が降りる畑から大根を掘り起こし、一部は畑に掘った穴に埋めて保存、一部はタクアン漬け用にずらりと干しあげます。
舞い落ちる落ち葉の中、家々にずらりと干された大根は、吹きはじめた北風のピリッとした冷たさに耐えるいじらしさとドングリの背比べ的な可愛らしさが。
そんな可愛い大根たちを眺めながら、タクアン漬けへ思いをはせる冬の訪れ。

b0015222_21141357.gif


▼ 例えば、こんな感じ。




[PR]
2005年 11月 01日 | |
ばあちゃんはわが家では一番流行に敏感で、今年も誰よりも早く風邪をひいた。
薬をもらいにばあちゃんと町の病院までドライブ。
そして今日もドライブのお供はこれ。
車の外を流れる景色を眺めながらのばあちゃんの昔話。
女の一代記 ― ばあちゃんのやつは時代の前後関係、人間関係の謎解きまで盛り込まれた傑作である。
しかも、ときどき「おばあちゃんの知恵袋」並みに役に立つ。
おしんやチャングムより面白い。

b0015222_20435843.gif


でも、普段外を出歩かないばあちゃんにとって、懐かしい道を走る車は、思い出タイムマシーンなのかもしれないなぁ、と思ったりする孫嫁です。

▼ 今朝もいい冷え込み。大根畑にて。


■ 人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


[PR]
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon