こちら、北国岩手の山の中。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。
開設者:AKI
by kamatsuta
プロフィールを見る
画像一覧
<   2006年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧
| |
|
2006年 01月 31日 | |
今日はいろいろショックな一日。
そして、ショックにも、いろいろなショックがあるようだと思った今日。

b0015222_20481346.gif

b0015222_2048336.gif

b0015222_20312126.gif


そして、久しぶりに三枚も絵を描いたら燃え尽き感。
歳を感じる複雑な、今日4つ目のShockなり。

▼ 今日の夕焼け。


★ 日本ブログ大賞【イラスト部門】に参加しています。
たくさんの投票&メッセージありがとうございます!この場を借りて感謝です!!
[PR]
2006年 01月 30日 | |
先日、実家から荷物が届いた。
やけに重たいダンボール箱を開けると、辞書とコーヒー、その他もろもろ。
どれも最近私が喉から手が出るほど欲しかったもの&必要であろうもの。直球・ストライク。
そえられた言葉に微妙に教育的指導も感じつつ、
いつまでも手がかかる娘で申し訳ないとちょっとだけ思いながら、
いろんなことを棚に上げ、
基本的にはいつだって、その実家直送まごころ直球便が楽しみです。
ってことで、またよろしく。

b0015222_20203769.gif


来月には直接お礼にあがります。

追伸:父からのコーヒー(コクテール堂・・・有名みたいですね、ばばさん情報ありがとうございました)は、父が職場の方から教えていただいたそうです。父のセンスではないと思ったんだ。(笑)

▼ ワサビハウスの夕暮れ。


★ 日本ブログ大賞【イラスト部門】に参加しています。
たくさんの投票&メッセージありがとうございます~。もきゃ!

★ 明日(31日)は、サーバーのメンテナンスがあるそうです(1:00AM~10:00AM)。しばしおわかれ!?
[PR]
2006年 01月 29日 | |
遅ればせながら、徐々にワサビの季節になってきました。
昨年は夏暑くて冬寒く、ワサビにはいまいちの気候。
特に昨年末の大雪に関係しての日照不足と低温で、いまいちワサビの生長が思わしくなかったわけなのです。
最近になり、寒さ厳しいとはいえ天候がよい日がつづき、やっとワサビも目をさましはじめてくれました。

今日は特に暖かかったのでハウス開け。
冷たい外気をハウスに流し込むものの(ワサビは暑いのが苦手)、ハウスの中は太陽の光と暖かさが満ち溢れている。
その光の下で、小さいながらも青々と背をのばしはじめたワサビが水々しい。
お日様サンサン、お日様サマサマ。
おかげでワサビも私もご機嫌で、ちょっぴり嬉しい今日この頃です。


b0015222_2130118.gif


▼ ご機嫌な青空。

▼ ご機嫌なワサビ。


★ 日本ブログ大賞【イラスト部門】に参加しています。
たくさんの投票&メッセージありがとうございます!この場を借りて感謝です!!

-------- 補  足 -------

わが家では、ハウスと沢(露地)と二箇所でワサビを育てています。
ハウス用のワサビは主に畑ワサビの類で、根というよりは花芽、葉を出荷します(醤油づけや加工用)。本来なら1月末から4月はじめが出荷時期。
沢のワサビはハウスのワサビを移植したりものや天然もの。花芽、葉、根わさびづくり。4月下旬からが旬。
ハウスものはかなりたっぷり水をあげたり、気温の管理が大変ですが、雪がある間は沢に入ることすらできないので、ハウスがやっぱり頼もしい。一足先にハウスもの、という感じ。
味は・・・どちらも美味しいけど(笑)、やっぱり露地もののほうが味がはっきりしている気もします。美味しい根をつくるにはやっぱり沢がむいています。

詳しくは、またあらためて。
[PR]
2006年 01月 28日 | |
雪かと思えば晴れ、晴れたかと思えば雪が降る、そんな今日の釜津田です。

冬は牛たちが家にいるので、牛をめぐるドタバタ劇が結構ある。
今日は向かいの家の牛が牛舎から脱走。
その現場を目撃したTAAはさっそうとレスキューに向かう。
いざ現場に向かうべく向かいの家へとつづく橋のたもとについたとき、大丈夫だよ~と明るくこちらに手を振る人影。
大丈夫だってさ、よかったよかった ・・・ でもTAAはちょっぴり残念そうでした。

b0015222_20413487.gif


ちなみに私は常に野次馬役。

▼ 野次馬はついでに川をのぞく。


★ 日本ブログ大賞【イラスト部門】に参加しています。
たくさんの投票&メッセージありがとうございます!この場を借りて感謝です!!
[PR]
2006年 01月 27日 | |
今日はリズムがいまいち悪く、細かいところが微妙に不調。
その最たるものがかっけばっとう。
人生とかっけばっとう(ひっつみ)はリズムが大事・・・(註)。

b0015222_2054642.gif


註)「人生とオムレツはタイミングが大事」 by ミッシェルサラゲッタ ・・・・ にちなんで。
  詳しくは、【ミッシェルサラゲッタ語録】王様のレストランファンサイト

アメーバブックスさんのインタビューがありました。先日よりちょっと緊張気味でしたが、ぜひのぞいてみてください! → 【アメーバブックス・ブロガーインタビュー】 

▼ 百目・・・でもないな、全然。薪置き場にて。


★ 日本ブログ大賞【イラスト部門】に参加しています。
たくさんの投票&メッセージありがとうございます!この場を借りて感謝です!!
[PR]
2006年 01月 26日 | |
不覚にも、今日は洗濯物を紙くずだらけにしてしまった。

b0015222_212428.gif


原因は一にも二にもTAAの作業着のポケットに潜んでいた紙くずと思われる。
TAAはなんでもかんでもポケットに放り込むので、毎回洗濯の度にポケット探検をするはめになる。
しかもほとんどゴミなので、いまいち面白みがない。
その収納力はある意味感心したりもするが、せめて10円玉のひとつでも忍ばせて宝探し気分にしてくれるくらいのサービス精神が欲しいところ。

b0015222_2123546.gif




★ 日本ブログ大賞【イラスト部門】に参加しています。
たくさんの投票&メッセージありがとうございます!この場を借りて感謝です!!
[PR]
2006年 01月 25日 | |


b0015222_21494640.gif


▼ ギリギリセーフで間に合ったのはコレ。 ▼



夕焼けの旬は結構短い。


* この夕焼けスポット、お気に入りなので、結構ちょくちょく同じような写真が登場しますがお許しを!

★ 日本ブログ大賞【イラスト部門】に参加しています。
たくさんの投票&メッセージありがとうございます!この場を借りて感謝です!!
[PR]
2006年 01月 24日 | |
何人かの方から、川は凍ってますか?というお便りがあったので、今日は川をのぞきにいったよ。
今年は寒さがなかなか厳しく、例年より早く昨年末くらいから向かいの川が凍っています。
今日もほどよく冷え込み、川にもいい感じに氷の橋ができていました。
写真でも一枚、と思って川辺まで降りてみたけど、どこまでが陸でどこまでが川だかてんでわからずやむなく退散。
石橋は叩かずに渡る私でも、氷の橋は叩いても渡る気にさえなれませんでした。

b0015222_206366.gif


とにもかくにも、釜津田の寒さも頑強な氷を張らせるほどではないようです。

▼ 氷の橋はこんな感じ。

▼ リクエストがあったので。こちらは凍み大根。


★ 日本ブログ大賞【イラスト部門】に参加しています。
たくさんの投票&メッセージありがとうございます!この場を借りて感謝です!!
[PR]
2006年 01月 23日 | |
今朝は氷点下11度。凍み豆腐も程よく凍りつく冴えた空気のいい朝でした。

この時期の定番味噌汁はその凍み豆腐と、凍み豆腐と並んで各家の軒下を賑わせている凍み大根入りのもの。
今朝もさっそく凍み豆腐と凍み大根をたっぷりいれた味噌汁を食していると、TAAがボソッとうれしそうにつぶやいた。
「凍み凍み(しみしみ)汁だねー」。
さらにつづけてTAA曰く、「凍(し)みた体もしみじみあったか凍み凍み(しみしみ)汁」。
なんとキャッチコピー付き。
今朝のTAAは外気と同じく冴えていた。(かなり身内贔屓か?)
そんなわけで、今朝からわが家では、この時期の定番味噌汁を「しみしみ汁」と呼ぶことになった。

b0015222_20243068.gif


補足:凍み大根
大根を縦に四つ割りくらいにしてさっと茹でてから、凍み豆腐と同じように外に吊るして凍結保存。
ヘチマのたわしみたいにスカスカのカサカサのペシャンコになる。
が、お湯でもどしてお味噌汁に入れたりすると結構美味しい。ちょっと甘味がます感じ。

▼ 粉雪+強風の一日。屋根の上はブリザード状態。


★ 日本ブログ大賞【イラスト部門】に参加しています。
たくさんの投票&メッセージありがとうございます!この場を借りて感謝です!!
[PR]
2006年 01月 22日 | |
寒さが厳しい大寒の前後は凍み豆腐作りの季節。
今年も、凍み豆腐つくったよ。

b0015222_19102321.gif


いつもと同じ作業でしたが、違いがひとつ。
例年なら、座敷横の板戸の外が凍み豆腐の定位置だったのを、私たちの部屋の前の物干しに変更。
理由は板戸の前はなかなか目がいきとどかないので、カラスの襲撃にあったりするからとのこと。
ということは、凍み豆腐になにかあったときには私の責任ということか?
トタン屋根の下、ステンレスの物干し竿に吊るされた凍み豆腐たちを眺めながら、欠けた風情をなげきつつ、鳥ぼい(鳥追い)の闘志に無理やり火をつけてみた。

今年の凍み豆腐づくりはざっとこんな感じ。

★ ちなみに去年の凍み豆腐づくりはこんな感じ →凍み豆腐作り
(それにしても、一年前の絵をふりかえるといろんな意味で歴史を感じてしまいます・・・・・)

▼ 今年の凍み豆腐づくり
 一旦凍らせた豆腐を湯通してから藁で編んで、

 こんな感じにして、

 外に吊るして、再び凍らせフリーズドライへ。


★ 日本ブログ大賞【イラスト部門】に参加しています。
たくさんの投票&メッセージありがとうございます!この場を借りて感謝です!!

補足 1/23 pm8:35
高野豆腐と凍み豆腐、多分つくりは同じだと思いますが、味と歯ごたえは似て否なるもの・・・。
岩手ではこの時期ならスーパーや産直でも手に入るので、他の地にお住まいの方もいつかめぐり合えるかも!?いつか出合ったときには「これかー」と感激してみてください(笑)。
[PR]
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon