こちら、北国岩手の山の中。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。
開設者:AKI
by kamatsuta
プロフィールを見る
画像一覧
<   2005年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
| |
|
2005年 05月 11日 | |
度々登場するとおり、わが家では牛を飼っている。
わが家は仔牛を産ませて育てる繁殖農家で、仔牛たちは秋になると成牛を育てる肥育農家へ買われていく。
肥育農家では、その仔牛を2~3年かけて成牛に育て、その後、肉牛として出荷するしくみ。

肥育農家からの出荷はだいたい毎月1回。
地元の牛運搬担当者が畜産センターというところへ連れていく。
その出荷に「嫁の社会科見学です!!」などと、ひょいひょいとついていった私。
出荷の現場を見るのは初めてだったので、あまり深く考えていなかった。
牛たちは運搬車からおろされるとすぐセンターの中につながれ、その日のうちに「処理(いわゆると殺)」されるらしい。

センターの中はどこもかしこも白くてきれいで、とてもたくさんの家畜が運ばれてくるとは思えないほど清潔だ。
係の人もみんな白い作業着で、どこか病院を思わせる。

牛飼いにとっても牛にとっても、出荷はなくてはならない宿命。
そんな宿命を目の当たりにし、「家に帰ったら牛たちをもっとかわいがってあげよう」とぼんやり思った一日だった。
b0015222_15155698.gif


▼ 帰りには種を繋ぐ種牛を連れてかえりました。(畜産試験場にて)



■ 人気ブログランキングもどうぞ。
[PR]
2005年 05月 10日 | |
空白の二日間の裏話。
ネットがつながらないのをいいことに、農家の嫁は少しばかり哀愁の一人旅にでてきました。


それは、TAAとのお~~~喧嘩からはじまったのであります。

b0015222_2034214.gif


そして、私は翌朝、哀愁の一人旅へ。

b0015222_20405548.gif
 この一人旅のことを、農家の嫁的には「勝手ながら、おヒマいただきます」といい、若者の間では「プチ家出」という。



b0015222_20462773.gif
 道すがら、MISIAの歌に一人涙し、


b0015222_20484563.gif

 外の景色にちょっとセンチメンタルになりながら





結局、行くところもないので、よく行くデパートへ。

b0015222_20492568.gif


b0015222_20502037.gif
 コーヒー屋さんの明るい声も、変な言葉遣いも、なんだか薄っぺらく、



b0015222_2051417.gif
 かなり久しぶりに、だらしなくダラダラとコーヒーをのんだ。


b0015222_20523368.gif

 TAAと一緒では決してできない、「本屋のはしご」に興じるも、いまいち。



b0015222_20534473.gif
 でも、久しぶりのコンビニ弁当は美味かった。




 が、結局家に帰ることにした。

b0015222_20592652.gif

帰り道では、朝ご飯をあげ忘れたちゃこの事、
混ぜ忘れたぬか床のことばかりが気になった。

・・・そして、家では・・・ >>>
[PR]
2005年 05月 10日 | |
二日間のご無沙汰でした。
何のお知らせもせず、更新しなかったのは久しぶりでした。
空白の二日間の真相はざっとこんな感じです↓
b0015222_11151810.gif

模様替えは、季節毎に一度なので、しばらくは不慮の事故はないと思います。
これからもどうぞよろしく。
シロウト、配線に近寄るべからず・・・

■ 二日ぶりの更新で二日ぶりのワンクリック!!人気ブログランキングもどうぞ。
[PR]
2005年 05月 07日 | |
釜津田には、地区を縦断する川がある。
自慢ではないけど、この川はすばらしい。イワナ、ヤマメ、ウグイの棲家でもある。
雪が消え緑がのぞきはじめるこの時期になると、地区全員での川原のゴミひろいがやってくる。
このゴミひろい、早朝5時という農家的集合時間にはじまり、ゴミを求めてひたすら川原を探検する。
川原の藪をかきわけ、すべる石に足をとられながらひたすらゴミひろい。
ときには、雪解けで増水中の川をわたる難所もある。
そして、きれいにゴミが片付くまでエンドレス・・・。

川とともに生きるわれわれにとって、このゴミひろいイベントは、ちょっとしたサバイバル感を味わえる隠れた年中行事のひとつです。
b0015222_161027.gif

▼ 春雨に濡れる寒そうな桜もまた一興。


■ 人気ブログランキングもどうぞ。
[PR]
2005年 05月 06日 | |
桜にも緑の葉っぱがまじりはじめた、おだやかな春の釜津田です。
そんな釜津田に来て5年。
その前は町の中心街で、バリバリと、時にはかなりとんがってとある仕事をしていました。
華やかなOLではなかったけど、それなりにサラリーマン。
今日は、そんな時代からの友人が可愛い愛息子(5ヶ月)とともに遊びに来てくれた。

ところで、5ヶ月といえば、微妙に物心(?)がつき、人見知りもはじまる年頃。
そんな年頃の子供に会うと、正直私はかなりドキドキ・・・泣かれたら、どうしよう・・・。
赤ちゃんはとかく純粋で、接した相手の本心を見抜く力があるような気がしている私。
どんなに笑顔で接しようと、心の奥底にちょっぴり隠しもっている「腹黒くってちょこっとズルイ大人」な私を敏感に察して、その結果泣かれてしまうかもしれない・・・。
が、そんな心配をよそに、彼は満面の笑顔(だったと思う)。
おまけに、親以外の人に抱かれて泣かなかったのは私がなんと3人目だと言う。
はっきり言ってこれは凄いことだと思う。いやいや、かなり凄いことなのだ。
彼の人生5ヶ月の中で、私は見事、泣かなくても大丈夫な人の堂々の3人目と判断されたのだ(と思う)。

そんなわけで、可愛い赤ちゃんを前に、「泣かなかったで賞」3位入賞を果たし一人ひそかに妙な自信と安心を味わう私。
調子にのったついでに、N子さん、しげちゃん、今度は遊びに行きますね~。
b0015222_21275577.gif

▼ 山の山桜がきれいです。


■ 人気ブログランキングもどうぞ。
[PR]
2005年 05月 06日 | |
先日、宮崎の酪農ブロガー日向夏さんから、こんなリクエストいただきました。

> 約1時間かけて全部の記事、拝見しました(笑)
> 意外だったのは…AKIさんの絵って…お絵かきして、スキャニングしているんですか?
> 何かしらのソフトを使っているのかと思っていたので…びっくりです。
> 今度、良ければ、このブログの製作工程教ええていただけたら嬉しいです♪

1時間もかけて全部見てくれたなんて!作者泣かせっ!!
ブログはもはや私の宝物。皆さんからのコメントも宝物です。
ってことで、リクエストにお答えして、我が宝物・ブログができるまでをご紹介します。
(大した工程でもないのですが・・・)

では、どうぞ。

b0015222_9132329.gif

b0015222_9134176.gif

ちなみに、今回の絵はB5用紙2枚、1時間くらいで描いてます。
いつも、ご愛読、ありがとうございます!!

■ 応援クリックも私の宝物(笑)。人気ブログランキングもどうぞ。
[PR]
2005年 05月 05日 | |
昨日の反省をふまえ、本日は朝から学生モードである。
農家の嫁における徹底した学生モードとは、すなわち「居留守」を意味している。
明らかに在宅でありながら、家族の声を無視し続けることは、嫁の背徳行為としか理解されないであろう。
だがしかし、文農両道のためには、時と場合によっては、居留守も必要なことなのである。

・・・朝からのレポート書きによって、頭の中が完璧に文語モードになっているのである。そして、今晩ももうひと頑張りするのである。なぜならば、居留守は連続使用不可だから。
b0015222_1955749.gif

▼ 居留守中でもTAAの新作はちゃんと撮る。(チェンソーで彫った『野原を駆けるちゃこ』)


▼ 人気ブログランキングもどうぞ(別ウインドウで開きます)。
[PR]
2005年 05月 04日 | |
最近すっかり音沙汰がありませんが、嫁のかたわら学生です
月に一回のレポートの〆切を間近にひかえ、牛歩の道のりではありますがもう少しで今月の課題が終りそう。
昨夜はなんとしてもこのレポートをやっつけようと、宵の口までは堅く堅く決心していたはずなのに、外は桜が見ごろ、天気もほどほどあたたかく、そんな日には、義父の「今夜は花見でもするかー!!」のお誘いは当然のこと。

直前までの堅い決意と花見の間で揺れながら、結局義父の誘いに「NO!!」と言えなかった私は、どこを切っても日本人という、金太郎飴並みの典型的日本人だ。

b0015222_939033.gif


▼ だって、花見日和りだったんですもの・・・


■ NOと言えない日本人に応援クリック!人気ブログランキングもどうぞ。
[PR]
2005年 05月 03日 | |
度々懺悔を繰り返しているとおり、三度の飯より二度寝が好きな私。
懺悔の甲斐なく、さらに磨きがかかり、
桜も咲き、
さわやかな春のそよ風にさそわれて、
油断をすると
ついつい寝入ってしまう
今日この頃・・・。
b0015222_20403650.gif


■ シャキッとせんかぃ!!のワンクリック。人気ブログランキングもどうぞ。

☆ 「・・・今日この頃」のフレーズは同郷ブロガーKCさんからちょっと拝借いたしました。
[PR]
2005年 05月 02日 | |
畑仕事もいよいよ忙しくなったきた春の釜津田です。

ところで、農作業には案外と計測作業が多い。
畑の区画づくりから、畝たて、種まきの間隔、ハウス内のトンネルづくり・・・等など。
そんなときに役立つのが、落ちているパイプや枝、投げ捨てられていたロープ、板の切れ端、長靴、はたまた身体感覚をフルに生かした手尺や空き瓶・・・。
そんな計測作業を手伝いながら、私は最近しみじみ思う。
どうやら、農家のモノサシは「限りなく正確に近いだいたい」を知るために必要らしい。
b0015222_19575325.gif

・・・それにしても。
万国共通の便利なモノサシ文化の中においても、これほど多種多様かつ微妙なモノサシを使いこなすとは、農家もなかなかすてたものではない、とも思ったりする私です。

▼ 忙しいふりをしていたら、気づけばすでにサクラサク・・・。


■ 人気ブログランキングもどうぞ。日記部門に引っ越して、只今10位です!!
[PR]
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon