こちら、北国岩手の山の中。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。
開設者:AKI
by kamatsuta
プロフィールを見る
画像一覧
<   2006年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧
| |
|
2006年 04月 18日 | |
今日は牛の予防注射があって、獣医さんがやってきた。
丁度具合の悪い牛がいたので、ついでに診てもらう算段を昨夜から練っていた義父。
だけど獣医さんが来た時には義父も誰もいなくて私一人の時だった。
焦ったよ、私。
注射を終えていつもどおり颯爽と帰ろうとする獣医さんをつかまえて、
身振り手振りで「牛が、お義父さんが、昨日から、あーだこーだ・・・」。
でもわかってくれたよ、獣医さん。
プロってやつは、読心術も技のうちなんだな。

b0015222_2143564.gif


▼ 山のわさびも出始めました。



私信:Mさん、Oさん、今日はありがとうございました!
[PR]
2006年 04月 17日 | |
突然ですが、脱定番をはかりたい時もある。

牛飼いは 牛飼いらしく 牛数え・・・

と思ったけど、やっぱり定番・羊がいいみたい。
定番には定番の意味があるのだな、としみじみ思った夜でした。


b0015222_2230359.gif


▼ 只今餌付け中。



私信:Hさん、またイカ煎餅待ってます!
[PR]
2006年 04月 16日 | |
今朝はまた白銀の釜津田です(さすがにすぐとけましたが)。
昨日今日と、TAA(たあ)の弟一家が遊びにきました。
元気いっぱいのRちゃん3歳も一緒。
「おねーしゃん」の呼び声に気分を良くしてついちょっかいを出したら、えらい目にあいました。
でも、ちょっかいを出したのは私。
身から出た錆、それでボロボロになっても、いたしかたない。


b0015222_217494.gif


ちなみに、今まで大人気なく無理に姉さんと呼ばせていたけど、
今度からはおばさんでいいから、歳相応にいたわってもらおうと思った次第です。

▼ ハウスの中ではブロッコリーの可愛い芽。


[PR]
2006年 04月 14日 | |
今日は健康診断を受けてきて、折り紙つきの診断を得てきました。

b0015222_20352937.gif


これからは、名医の折り紙つきの小心さを誇りに、胸をはって生きていこうと思います。

▼ 来るべき緑の季節を想う今日。
透き通り加減が貝殻のような、海草のような。
(去年の夏の写真です)



[PR]
2006年 04月 13日 | |
しばらくぶりの登場ですが、仔牛たちは今日も元気です。
今のところ、わが家の仔牛は6頭。
それぞれにはちゃんと名前があるわけですが、不思議なことに、呼び名は皆「ちび」。
犬の代名詞がポチのように、
猫の代名詞がタマのように、
仔牛の代名詞は「ちび」なんです。

そして、そのちびたちは今が一番いたずら盛り。
牛舎をのぞくたびに、「こら~、ちび~っ!何してる~!!」と、しつけに大忙し。
でも、ほら、皆「ちび」だから、「ちび~っ!」と呼んでも、誰も振り向いてくれません。
とくに叱られるとわかっていれば。
代名詞の意外な落とし穴。

b0015222_21335128.gif

[PR]
2006年 04月 12日 | |
雨降り予報と裏腹に、今日も春の風吹く釜津田でした。

暖かくなると、外での仕事が増えてくる。
日も長くなり、仕事を終えてからもなんとなく外をぶらぶらしたくなる。
ぶらぶらする片手には何か飲み物が欲しくなる。
同じような人が二人以上集まれば、とりあえず缶が出てくる。

今日は、今年初のそんな外ビールの光景を見た。
見ただけで参加できず。
悔しいナァ。呑欲(”どんよく”と読もう!)の春は、私も一緒なのですが。

b0015222_2056748.gif


▼ 今日は写真はお休みです。
[PR]
2006年 04月 11日 | |
さわやかに吹く風に春を感じます。
釜津田の風にも、いよいよ花粉が混ざりはじめたというご報告。
待っていた春の陽気、良かったり悪かったり。


b0015222_211223.gif


▼ 梅の蕾ももう一息。


[PR]
2006年 04月 10日 | |
久しぶりに、ちょっと春めいて、鼻もムズっとした今日の釜津田。
春の陽気に誘われて、どんどんすすめる春仕事。
今日は種籾の選別。
塩水に去年の秋にとっておいた種籾を沈め、浮き上がってきたものを捨て、沈んだものだけ取り出して種籾にするのです。

私も毎年見ているので、これくらいはできるのだ。
留守のTAAにかわって、義父の監督のもと浮かんだ種籾をすーっとすくってザッと捨てる。
斜め上から「もっと早く、ほら、ガラガラと!」と叱咤激励?
張り切ってガラガラとすくう手を早めたら、種籾が塩水の中でぐるぐるぐるぐる超高速回転。
見ていた私の目もぐるぐるぐるぐる高速回転。
早く、というのはすくうことではなく捨てることだったのだろうか。でもガラガラって聞こえたけどな。
こんなところで、日本語って主語がないと難しい、ってことを痛感した。

b0015222_22181072.gif

[PR]
2006年 04月 09日 | |
一瞬オウン・ゴールの大敗北かと思ったけど、
結果的には、歴史的初勝利のようでした。

やったなぁ、私。

b0015222_22274892.gif


▼ コレガ春ノ空ナノデスカ?


[PR]
2006年 04月 08日 | |
今日実家から突然届いた小包の中に、くるみ割りが入っていた。
わが家では、毎年秋に川岸のくるみの木の下でくるみをたくさんひろいます。
くるみ和えにつかったり、くるみ餅にしたり。どれも美味しい、欠かせない味。
そのくるみ割りはいつも義父母やばあちゃんが、トンカチ片手に日がな一日作業で、しかも、トンカチで力まかせなのでくるみは粉々。
そこに満を持して登場した今日のくるみ割り。
不恰好なペンチ状のそれは、くるみをはさんでひと握りでガリッとくるみが真っ二つ。
そして何より、黄色い握り手がちょっと可愛い。
はっきり言って、家族中が夢中です。
みるみるできるくるみのカラの山・・・なりなり(=それ相応)の道具というやつは、革命的にやる気を引き出すものらしい。

ところで実家の母はうちから送るくるみ餅が大好物。
わが家に突如おとずれたくるみ割り革命、あるいは文明開化は、つまるところ、母の思う壺、というところです。

b0015222_2210814.gif


▼ 季節、巻き戻し中。


[PR]
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon