人気ブログランキング |
こちら、北国岩手の山の中。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。
開設者:AKI
by kamatsuta
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
2004年 09月 29日 | |
b0015222_12244372.jpg 先日、わが家の裏山で恒例のクリ拾いが行われました(といっても、私は留守だったので、今年は義父母と愛犬チャコが拾ったようです・・・)。
今年はクリも豊作です。粒もよく、虫も少なく、ホントに良いクリがとれました。クリは天日で干しておいて、一年中、食べたいときに煮て食べます。意外とお酒のつまみにもよいようです。

山でもクリがたくさんなっていたのに、今年はクマの出没が多かったのは何故?今時のクマは畑の作物の方が好きなのでしょうか??

■ クリなら天津甘栗よね、というクリ好きの方は comments をクリック↓
2004年 09月 24日 | |
b0015222_2124766.jpg 先日終わった稲刈り・・・。ハセに掛けられたお米は太陽をたくさん浴びてのんびりしています。さわるとカサカサと心地よい音がして、なんだか眠たくなってきます。

■ お米大好き!という方は coments をクリック↓
2004年 09月 24日 | |
b0015222_21184632.jpg 今朝は快晴。向かいの山をみると、朝日に炭窯からの煙が輝いていました。朝もやもいいですが、炭を焼く煙は釜津田ならでは。朝の煙が一番きれいですよ。

■ 朝もやと炭焼きファン!という方は comments をクリック↓
2004年 09月 22日 | |
b0015222_14431564.jpgb0015222_14433271.jpg 今朝は、ごぅごぅという川の音で目がさめた。何事かと思ったら、昨日一日降り続いた雨で、川が濁流と化していました。密かに今年一番の水の出かも。
 塵も積もれば・・・といいますが、静かな雨も降り続ければ・・・。とはいえ、今日は曇り。水も徐々に引きはじめています。再び静かな川にもどるまで、しばし濁流の音を楽しみます。

■ 被害が出ない程度の非日常を 楽しんでるAKI に一言!という方は coments をクリック↓
2004年 09月 21日 | |
b0015222_20181280.jpg 今日は朝から一日雨。一日中雨が降りつづけるのは久しぶりのような気がします。風もなく、ただひたすらシトシト、しとしと、シトシトと・・・。静かな雨は、滴がきれいで好きです。

 さて、今朝はこの静かな雨音にさそわれて、つい二度寝。
 ふたたび目覚めて台所へ駆けていくと、すでに一家の朝食はすんでおり・・・稲刈りで疲れていたのさ、とイイワケは通用しませんね、はい。ふりつづく静かな雨の音を聞きながら、ひとり静かに反省していた一日でした。


■ 反省ついでにハリポタ五巻をとうとう読み終え 満足してるAKI に一言!という方は coments をクリック↓
2004年 09月 21日 | |
今年のお米はよく育ちました。お日様、感謝!!
b0015222_948075.jpg


ところで、先日コメントいただいたのですが、みなさん【釜津田だより】が<ブログ>って気づいていましたか?最近はとっても便利なブログサービスがいっぱい!
ということで、よかったら、コメントくださいね。

■ 豊作で ごきげんのAKI に一言!という方は coments をクリック↓
2004年 09月 21日 | |
b0015222_9405754.jpg 遅ればせながら、わが家でも稲刈りがほぼ終了。ご近所からも手伝ってもらい、作業もはかどり、豊作のよろこびに一同満面の笑み。疲れたけど、幸せな一日でした。
2004年 09月 18日 | |
b0015222_21185484.jpg 今日、先日試作したチェンソーアートの観賞炭(仮称:炭アート)が木炭品評会の会場にデビュー!ということで、釜津田の木炭生産者の方3人とさっそく盛岡へ。IBCまつりと同時開催ということもあり、かなりの人手でした。
 会場では生産者自慢の切り炭などがずらりとならび、それをかこむ様に、即売用のさまざまな炭製品がならびます。木炭を使った琴や、木炭電池など実験的なものから、木の根株、パイナップルなどを焼いた観賞炭、また、木炭をあしらった鉢植えなど実にさまざま。その中に、チェンソーアートのクマ、イーグル、フクロウの炭アートもならんでいました。会場入りしたお昼前にはすでにひとつは売約済み。
 この即売コーナーはかなりの人が集まっていて、ドライフラワーなどとセットになった小物系の炭はかなりの売れ行きのようでした。炭アートも、もうちょっと部屋(床の間、玄関など)に飾ることを念頭に、デザインなどを工夫すれば、売れ行きもでていくのでは?

(写真)左:炭アートデビュー会場 中:パイナップルの観賞炭 右:鉢植え仕立ての炭。
b0015222_2122111.jpgb0015222_21223427.jpgb0015222_21225492.jpg





 



 そうそう、炭アートの試作をしていただいたT弥さんの切り炭はみごと奨励賞を受賞!!おめでとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。
2004年 09月 18日 | |
b0015222_2135297.jpg 突然ですが、最近、やっと新しい長靴を仕入れました。度重なる農作業で前から愛用していた長靴が裂けてしまったのです。農家には長靴は必需品。しかも北国では、雪の降る冬は長靴無しでは生活できません!!

 私が現在愛用している長靴は写真の四足。白い長靴は牛用。なぜか牛を飼う人は白い長靴を愛用しています(ちなみに馬の品評会では馬主さんは黒の長靴でした)。足首までの長さの黄色い長靴は草取り用。しゃがみ易いし、暑い夏には最適。右端の赤い長靴は昨年から愛用していたお気に入りの長靴。農作業、牛の世話、冬の雪かき、その他もろもろに使用。どうしても赤い膝丈の長靴が欲しくて、やっと見つけた一品ですが、とうとうボロボロに。で、もう一足の赤い長靴が、新しく仕入れたもの。やはり赤の膝丈を!と ナチュラム というサイトで探しだしました。

 大人のオシャレは足元から、といいますが、農家のオシャレは長靴から・・・。
2004年 09月 18日 | |
b0015222_20265839.jpg  釜津田は農繁期・・・というのは以前にも書きましたが、農作業は自分の家の仕事が終わればめでたし、めでたし・・・というわけにはいきません。
 釜津田ではまだユイトリという習慣が残っていて、農作業などを誰かに手伝ってもらったらその分を手伝ってかえさなくてはいけません。手伝ってもらった分のユイをかえすことを「ユイすまし」、何の借りもなく後日手伝いに来てほしいときに手伝いに行くとこを「ユイかし」とかいうようです。この時期になると、どこの家でも、「この前のユイすましにいかなければ」とか「うちではあそこの家に何日、何人(ユイ)かししてたから・・・」と手伝い勘定に大忙しです。
 わが家でも今年のサイロ詰めでは、K家にユイ貸しし、その分手伝いにきてもらい、同時に別のN家からユイ借り。で、このとき借りたユイを返しにN家のサイロ詰めを手伝いに行き、そのサイロ詰めを多めに手伝ってさらにユイを貸し、貸したユイは今度の米刈りでかえしてもらう・・・という感じ。
 ちょっと複雑ですが、要は、借りた分は返す、という単純なこと。確かにとても忙しいのですが、家族だけで黙々と農作業をするよりも、親しい家同士でユイトリしながら作業の後に皆で一杯!の方がずっと楽しい。そんなこんなで、朝から夜まで忙しい毎日です。

写真:この三日、ユイトリでサイロ詰めをしにいったN家で今年登場のサイロ用運搬車(?)。
2004年 09月 11日 | |
 昨日の夕方、空を見上げると、雲が黄金色に輝いていました。その30分後には美しい夕焼けに。空はいつみても飽きることがありません。b0015222_9163998.jpgb0015222_9165011.jpg

左:岩泉二升石付近の空(17時30分頃)
右:釜津田種倉付近の空(18時頃)
2004年 09月 09日 | |
b0015222_20392863.jpg 釜津田は本日、台風一過の青空!!気温もぐんぐん上昇。久しぶりの洗濯日和りとなりました。

 ところで、先日台湾の友人から聞いた話。日本では台風は「台風○○号」といったように数字で表現しますが、台湾では数字ではなく人の名前でよぶそうです。先日台湾を襲った日本名「台風17号」は、台湾では「蘭寧」と命名されていたそう(読み方がわからないけど)。ちなみに、偶数・奇数で男の名前・女の名前と分けて付けらるそうです。

 ところ変われば、いろいろです。それにしても、遠くの友人はもちろん、世界中と瞬時でお話できるインターネット、ありがたや、ありがたや。
2004年 09月 09日 | |
b0015222_20354735.jpg 喫茶店ぶるっくの新しい季節のパスタ登場。
 それはもちろん!マイタケのパスタ。
 採れたてのマイタケをたっぷり使い、ベーコンを添えての塩味パスタです。
 美味しいよ。ご賞味あれ!!
2004年 09月 07日 | |
 今日はマツタケをGET。とはいえ、3時間山に入っての収穫は一本・・・。釜津田はもともとマツタケは少ない、と思えば、きのこ採りの出だしとしてはまずまずのでき。

b0015222_20332741.jpg ちなみに、今日のマツタケ採りはわが家の愛犬チャコ(最近名前が変わりました)の山デビューでもありました。もともとクマ、ヤマドリ狩りとして飼いはじめたチャコ。徐々に山に慣れてもらわないといけません。が、しかし。不安な面持ちで車に乗りこむと、山に着くころにはすっかり車酔い。これはいかん・・・。b0015222_20351761.jpg

 それにしても、今年はきのこのシーズンが10日くらい早いようです。そして、比較的豊作気味。秋風に散る落ち葉はもの寂しいものですが、それを忘れさせてくれる忙しさと楽しみがたくさんある釜津田です。
2004年 09月 06日 | |
b0015222_21244387.jpgb0015222_21215679.jpg 今朝、お義父さんが家の横にあるマイタケ畑(?)に行くと、あるわ、あるわ、マイタケが!!
 今年は、気候がよかったためか、早々から釜津田ではきのこの話題でもちきりでした。すでにマツタケのうわさもちらほら。岩泉町はいわずと知れたマツタケの産地。釜津田ではマツタケはあまりとれませんが(造林地が多いためらしい)、マイタケ、シメジ、マスタケ、アミコ・・・いろんなきのこがいっぱい採れます!!
 今晩は、さっそく採れたてのマイタケでひっつみに。一年ぶりの生のマイタケを味わいながら、きのこの季節の到来をしみじみ思いました。
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon